iPhone5の新型Dock変換アダプタはこんな感じ?

Cult of Macは20日、ウェブサイトMetablog.itが掲載した新型Dock端子変換アダプタの想像図を掲載しました。

新型Dock端子はiPhone5から採用されるとみられる新型端子規格。従来の30pin構成・裏表アリの仕様と異なり、9pin構成・裏表ナシの新仕様であることが流出した部品やiOS 6の情報から明らかになっています。

一部情報では「MagSafeも採用されているのではないか?」とも言われていますが、その点については明らかにされていません。しかしながら、流出した部品を見る限りでは金属製のラッチが明確に存在せず、くぼみが存在するだけの構造になっているので磁石でくっ付く方式が採用されるのではないかと推測しています。

上の画像は想像図ではありますが、おおむねこんな感じのアダプタが用意されるのではないでしょうか。なお、MicroUSB変換アダプタは欧州向けのものと思われます。

[Metablog.it via Cult of Mac]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます