iPhone5のパーツがまた流出 謎の部品も

Apple Insiderは9日(現地時間)、ウェブサイト「iColorOS」に掲載されたiPhone5向けと思われる部品の画像を掲載しました。

流出したのはiPhone5に採用されるとみられる複数の部品。ガラス製フロントパネルが4インチ画面に対応しているのは、もはや “当たり前” といった状況です。黒と白のホームボタンも健在で、ソフトキー方式のホームボタンはiPhone5でも見送られました。物理的にプッシュするという感触とホームボタンの重要さを考慮してのことではないかと推測しています。

さて、注目すべきは左下の真っ黒なパネル。こちらは、iPhone史上初登場となる部品だそうです。

おそらく、タッチパネルを液晶ディスプレイに内包したイン・セル型の液晶パネルを使用しているため、このような部品が登場したのではないかと見られています。Apple Insiderはこの部品の役割を推測しており、EMI(電磁気妨害)シールドの役割か、熱を遮断する役割があるのではないかと見ています。

1枚目画像の部品を裏返した画像がこちら。

月刊はおろか、週刊、いや、日刊レベルで漏れ続けているiPhone5の部品ですが、全然違ったデザインで登場したらそれはそれで面白そうです。

[Apple Insider]

ソーシャルシェア

コメントソフトウェア改修作業の為、一時的に古い記事のコメント閲覧・投稿を休止しています。