フランスのウェブサイトNowhereelse.frは12日(現地時間)、iPhone5を「iPhone 4」「iPhone 3G」と比較した画像を掲載しました。画像からはブラックモデルの金属縁がとても黒いことがわかります。

こちらの画像ですが、3点ほど注意があります。

まず1点は、iPhone 4がカスタマイズされているという点です。2点目は、音量ボタンとミュートスイッチがiPhone 4/4Sのものを仮付けされている点です。実際は「グレー色」のボタンが新たに装着されるとみられており、正しいボタンではありません。3点目は、端末の下部が3機種揃えられていない点です。iPhone5は他の2機種よりも下気味に配置して撮影されています。従って長さの比較にはなりません。

過去に流出したパーツと比較する限りでは、背面パーツ自体は本物である可能性が高い一方で、「金属縁が暗い黒である」ということが特徴的です。



発売前から模造品が出回るiPhone5だけに、このパーツの信憑性は何とも言えないところなので参考程度にご覧ください。

[Nowhereelse.fr via Apple Insider]