iPhone5のホームボタン周辺、以前より縮小化

iPhone5は本体下部・ホームボタン周辺が以前よりも小さくなるようです。


iPhone5が縦長になったことはご存知の方も多いかと思われますが、実はホームボタン周辺も密かに縮小化されていました。その差は「-2.6mm」。

小さいようで意外と操作感に影響があるかもしれません。図を見ると “たかが2.6mm” のインパクトが意外に大きいことが分かると思います。

ホームボタンの直径も縮小されており、その差は「-0.3mm」。一瞬誤差のように思うかもしれませんが、0.3mmも品質にバラつきがあるとホームボタンが入らないといった製造上のトラブルが起こり得ます。したがって、設計上のサイズで小さくされていると考えられます。

このサイズ測定を行ったのは、iPhone関連の修理部品を供給するETrade Supply。その他にも多数の計測を行っていますので、よろしければリンク先をご覧ください。

iPhone5は画面が縦に伸びて4インチ化しただけかと思いましたが、実は縦に伸びることを出来る限り抑える努力をしているようです。

[ETrade Supply]
[MacRumors]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます