iPhone5ホワイトモデルのモックアップ(見本)とみられるものが、タイのバンコクで発見されました。

このモックアップが見つかったのは、バンコク市内にあるショッピングセンター「マーブンクロン(MBK)」。本体は動くものではなく、携帯電話ショップによく置いてある電源が入らない見本と同じようです。

一見すると液晶画面が表示されているように見えますが、じっくり見ると印刷された紙のようです。この事からも、いくつかの流出したパーツを組み合わせて作り上げた「見本」であることが推測できます。

見本ではありますがホワイトモデルの背面デザインが良く分かる写真です。背面だけみるとホワイトというよりもシルバーモデルに近い感じにも思えます。

小型化されたDockコネクタとスピーカー、マイク、そしてイヤホン端子は変わらず。ブラックモデルとは違って、周囲の縁取りはシルバー仕様です。

[Neowin]