日本航空、NFC対応スマホで搭乗できるサービスを順次展開

日本航空(JAL)は24日、おサイフケータイに対応したAndroidスマートフォンをかざすだけで搭乗できる「JALタッチ&ゴー」サービスを、来月26日から開始すると発表しました。また、NFC対応スマートフォンにも順次対応していくことを併せて発表しています。

「JALタッチ&ゴー」サービスはFeliCa(おサイフケータイ)規格に対応したAndroidスマートフォンを空港端末にかざすだけで搭乗できる新サービス。国内線に限って提供され、同社のマイレージサービス「JALマイレージバンク」の日本地区会員に限って利用できます。対応アプリは「Google Play」から無料で提供されるとのこと。

NFCへの順次対応が表明されたことで、国際版のスマートフォンやNFC搭載が噂されるiPhone5でも利用できる可能性があります。

ワンワールド全体として、将来的に世界各国の拠点空港に導入する計画があるのか明らかになっていませんが、NFC対応を視野にいれているのは航空会社ならではといったところです。

*注 NFCは近距離無線通信の総称。おサイフケータイが利用しているFeliCa規格もNFCの一部であるが、便宜上簡略化して記述している。

[日本航空]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます