韓国LG、iPhone5向けイン・セル液晶を量産開始

ウォール・ストリート・ジャーナル電子版は22日(現地時間)、韓国LGディスプレイCEOの話として、同社がタッチセンサーを液晶パネルに内蔵した「イン・セル型」液晶パネルの量産を開始したと伝えています。このイン・セル型液晶パネルはiPhone5に使用されるものとみられており、日本のシャープ、ジャパンディスプレイに次いで3社目となります。

シャープとジャパンディスプレイの2社は今月上旬に出荷を開始しており、iPhone5の初期生産品に両社のパネルが搭載されるとみられています。

Credit:Jordi Masagué

静電容量式タッチセンサーを液晶パネルに内蔵したイン・セル型液晶パネルは量産が非常に困難とされてきましたが、ソニーのXperiaシリーズで搭載したのを皮切りにiPhone5が後に続く形で製品化にこぎ着けました。

イン・セル型液晶パネルを搭載したことで、iPhone5は過去最薄「7.6mm」を実現すると見られています。

[WSJ via THE VERGE]

http://www.flickr.com/photos/jordimasague/4889125749/

ソーシャルシェア

コメントソフトウェア改修作業の為、一時的に古い記事のコメント閲覧・投稿を休止しています。