ソニー製ミラーレス一眼「NEX-6」「NEX-5R」の本体画像リーク

SonyAlpha Rumorsは20日(現地時間)、中国のウェブサイト「chinese.vr-zone.com」が掲載した、ソニー製ミラーレス一眼「NEX-6」と「NEX-5R」の本体画像を紹介しています。

上の画像がNEX-6です。現行機種「NEX-7」の下位モデルとして位置づけられます。ポップアップ式フラッシュやEVF(電子ビューファインダー)をしっかりと備えている一方で、NEX-7の象徴でもあった「トライダイヤル」は取り除かれました。

事前情報ではEVFの画面解像度が減少していると言われていますが、現行のNEX-7でもかなり厳しい状況ですので、どのような影響を及ぼすのか現段階では未知数です。なお、Wi-Fi接続が新たにサポートされます。

こちらがNEX-5Rです。NEX-5Nの後継機種的な位置づけとされており、180度反転する画面を搭載。位相差AFに対応した新しいAPS-Cセンサ(1,600万画素)、Wi-Fi接続をサポートしています。

発表は今月28日と予想されており、上記ボディ2つに加えて「16-50mm F/3.5-5.6 OSS」のパワーズーム搭載レンズと「35mm F1.8」の大口径レンズがリリースされる予定です。

[SonyAlpha Rumors]

ソーシャルシェア

コメントソフトウェア改修作業の為、一時的に古い記事のコメント閲覧・投稿を休止しています。