マイクロソフト、Hotmailに代わる新サービス「Outlook.com」開始

米マイクロソフトは31日(現地時間)、同社のWebメールサービス「Hotmail」に代わる新サービス「Outlook.com」のプレビュー提供を開始しました。メール容量は事実上、無制限とのこと。

「Outlook.com」はMetroスタイルベースのUIを持つ新しい電子メールサービス。Hotmailのアカウントを所持している場合であってもアカウント名は確保されておらず、既に「~@outlook.com」の争奪戦が始まっているようです。

既存のHotmailユーザーは、アカウント名はそのままで「@outlook.com」を利用するか、「@outlook.com」のエイリアスを設定することができます。

「Outlook.com」では、Exchange ActiveSyncと互換性のあるクライアントやPOP3経由でアクセス可能です。


via THE VERGE

Metroスタイルを採用したシンプルなインターフェースは、以前の煩雑な印象を受けるHotmailとは一線を画すデザインになっています。広告については、現時点においてメールの内容を解析する方式は不採用。ただし、広告が全く表示されないというわけではなく、同社の広告プラットフォーム「AdChoices」を利用した広告が表示されますが控えめに表示されるようです。

もちろん、SkypeやFacebookチャット、Windows Live Messengerとの連携もとられています。

Windows 8を機として全てが変わってしまうかのような勢いですが、マイクロソフトの今後の動きから目が離せません。

[THE VERGE]

ソーシャルシェア

著者

管理人

管理人

サイト管理をしています。

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます