次世代ゲーム機PlayStation4で4K解像度をサポートへ

BGRは22日(現地時間)、情報筋からの独占情報として、ソニーが開発中の次世代ゲーム機「PlayStation 4」が4K解像度(3840×2160ドット)をサポートすると報じています。

PlayStation 4の4Kサポートは非常に妥当なところではありますが、昨日お伝えしたソニー製80型4K解像度テレビも4K戦略の一環であるとしており、その序章であるとのことです。

今から6・7年前、フルHD(1920×1080)で出力する再生機器はPlayStation 3が登場するまでなかなか浸透しなかった経緯がありますが、4Kを牽引する原動力もPlayStation 4やXbox 720といったゲーム機が担うことになるのでしょうか。

「テレビが主力事業ではない」と宣言するメーカーも出てくる昨今、どの辺りに妥協点を見出すのか真剣に考えなくてはならない時が来ていると思われます。ソニーの場合、放送機器側との兼ね合いもあるので4K戦略を進めざるを得ない事情があるかと思いますが…。実に難しい立場です。

[BGR]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます