サムスンが勝訴、アップルの訴え退ける判決 ―東京地裁

韓国サムスンが米アップルの一部特許を侵害したとして、アップルがサムスンを相手取って起こした訴訟において、東京地裁は31日、アップル側の請求を棄却する判決を言い渡しました。

米国カルフォルニア州においてアップル側の訴えを全面的に認めた評決が出された後としては、世界で最初の判決となります。

今回、争点となっていた特許はアップルが保有する音楽や映像を転送するデータ同期技術。対象となる製品として「Galaxy S」「Galaxy S2」「Galaxy Tab」「Galaxy Note」などが挙げられていましたが、いずれも侵害は無いと判断され、アップル側が求めていた1億円の損害賠償も退けられました。

[ロイター]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます