シャープ、Foxconnと共同で60型テレビを1199ドルで販売か

台湾系デジタルメディアDigiTimesは29日(現地時間)、業界筋による情報として、シャープとFoxconn(ホンハイ子会社)が共同で、格安60インチテレビを北米市場で近日中にリリースすると伝えています。価格は1199ドル(約9万4000円)とのこと。

情報源によると、以前は1399ドルとの値段付けが伝えられていたようですが、更なる価格競争力を獲得するために1199ドルに値下げられたようです。

最近になってシャープ製大型テレビが値下げられており、ベストバイなどの家電量販店においては、80インチテレビが4499ドルから3999ドル、70インチテレビが2499ドルから2199ドルに引き下げられました。このことを、60インチを1199ドルで販売するための価格調整なのではないかとみているようです。

ホンハイとの資本提携でシナジー効果が期待されるシャープ。ホンハイ提携発表前には「利幅の大きい大型テレビで北米市場を攻める」との方針を示していましたが、大型テレビを格安で販売する方向に転換したようです。この辺りはFoxconnが持つ「安く作る力」が活かされたからこそできる技なのかもしれません。

[DigiTimes]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます