シャープ、iPhone5向け液晶を8月中に出荷 :ロイター

シャープの藤本常務は2日、大阪市内で開いた記者会見において、三重県亀山市にある「亀山第一工場」で生産される「中小型液晶パネル」の出荷がまだ行われていないことを明らかにしました。8月中にも出荷予定とのこと。

この液晶パネルは、米アップルの次期iPhone(iPhone5)向けの液晶パネルとみられています。


iPhone5の液晶パネルを保護するフロントパネル

事前の情報では、従来の3.5型 960×640ドット表示のディスプレイよりも一回り大きく、3.95型 1136×640ドット表示に対応したディスプレイであるとされています。

また、iPhone5向け液晶パネルにはタッチパネル機能を液晶画面と一体型させた「イン・セル型」液晶パネルが採用されるとみられており、従来よりも薄型化を実現することが可能です。

[ロイター/ロイター日本語 via Phone Arena]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます