ソニーは20日、世界初となる積層型CMOSイメージセンサー「Exmor RS」を発表しました。3モデルがラインナップされており、10月から順次出荷予定とのこと。


画素と同じ層に回路を配置している「裏面照射型CMOSセンサー(上画像左)」に対して、今回発表された「積層型COMSセンサー(上画像右)」は画素より1つ下の層に回路を配置。これにより高画素化・小型化が実現できることに加え、ノイズ低減、信号処理速度の向上、低消費電力などが見込まれます。

また、RGBに加えてW(白)画素を加え、独自のデバイス技術と信号処理によって「画質を損ねることなく感度を上げた」とのことです。機能面で特出すべき点としては「HDRムービー」機能を搭載。静止画(写真)だけでなく、動画でもHDRを実現しました。

今回発表されたモデルは以下の通り。

サイズ/有効画素数 型名 出荷時期(予定) サンプル価格(税込
1/3.06型
有効1313万画素
IMX135 2013年1月 1,500円
1/4型
有効808万画素
IMX134 2013年3月 1,000円
1/4型
有効808万画素
ISX014
カメラ信号処理機能内蔵
2012年10月 1,200円


従来のRGB方式

新開発「RGBWコーディング」方式

左:HDRムービー機能なし 右:HDRムービー機能あり

なお、上記CMOSイメージセンサーに、オートフォーカス機能付レンズユニットを搭載した小型オートフォーカス・イメージングモジュールも同時に発表されています。

  IU135F3-Z IU134F9-Z IUS014F-Z
レンズ構成 5群5枚 4群4枚 4群4枚
F値 F2.2 F2.4 F2.4
焦点距離(35mm換算) 28mm 28mm 28mm

[ソニー]