ソニー、Xperia Tablet SとXperia Tを正式発表

ソニーは29日(現地時間)、ベルリンで開催中のIFA2012においてAndroidタブレット「Xperia Tablet S」、Androidスマートフォン「Xperia T」「Xperia V」「Xperia J」を正式発表した。


既報の通り、Xperia Tablet Sにはドックスピーカーやキーボード付きカバーがアクセサリーとして用意される。独自に、ユーザーを一時的にスイッチできる「ゲストモード」機能を搭載。

「Xperia T」はグローバルのフラグシップモデル。4.6インチディスプレイを搭載し、モバイルブラビアエンジンで高画質化を実現。1,300万画素のカメラを備える。注目の新機能としては、NFCを用いたスピーカーやヘッドフォンとのペアリング機能が発表された。この機能は特許出願中であるという。

同社のクラウド音楽配信サービス、MusicUnlimitedに対応。60日間の無料プランを提供。4.99ユーロで「Access」という新たなプランを選択可能になる。

なお、映画「007」の新作ではジェームズ・ボンドが劇中でXperia Tを使用するという。

Xperia Tablet Sのスペックは下記の通り。

搭載OS Android 4.0 (4.1Update予定)
ディスプレイ 9.4インチ
解像度 1280×800ピクセル
プロセッサ NVIDIA Tegra3 クアッドコア
内蔵ストレージ 16GB/32GB/64GB
外部ストレージ SDカード対応
バッテリー容量 6,000mAh
赤外線 搭載 リモコンとして使用可
防水 IPX4(防沫型)
価格 16GB/399ドル
32GB/499ドル
64GB/599ドル

[THE VERGE]

ソーシャルシェア

コメントソフトウェア改修作業の為、一時的に古い記事のコメント閲覧・投稿を休止しています。