Cult of Macは26日(現地時間)、ロサンゼルスのニュースサイト「Examiner.com」の情報として、米アップルが開発中とみられる新型iPad(第4世代iPad)に、16:9のアスペクト比を採用したディスプレイが搭載される可能性があると伝えています。

これは、アップルに近い複数の人物が明らかにしたもので、16:9のディスプレイが「iPhone 5」で採用されたことを考えればあり得ない話ではありません。

iPad miniについては何も語ってくれなかったとのことですが、iPad miniにおいても、7インチで16:9のアスペクト比を採用したディスプレイが採用されるとの情報があります。

早ければ来月にも開催されるイベントで披露されるとみられる「iPad」「iPad mini」ですが、どのような端末になるのか期待が高まります。

[Examiner.com via Cult of Mac]