何を意味する?iPhone5イベント会場はカラフル仕様

結局、イベント会場はカラフル仕様だったようです。

先日、iPhone5の発表会が行われるイエルバブエナセンターが灰色と白の落ち着いた色とお伝えしましたが、外装自体は実にカラフル!

Credit:Cult of Mac

iPod nanoやiPod shuffleが従来よりも3色増えた8色展開(Product Red除く)とも伝えられており、それに合わせた装飾なのかもしれません。個人的には紫や黄が消えてしまったのが寂しかったので、また原色系に戻ったら嬉しいなぁと思ってますが、そこは各々の好みの問題ですね。

WWDC 2012から続くカラフルな装飾は長期的なデザインの方針を表しているようにも思えます。色鮮やかなRetinaディスプレイ搭載MacBook Proで始まり、次はiPodシリーズ…と続くと、次は果たして…?

Credit:Cult of Mac

一時はiPhone5もマルチカラー展開ではないか?とも言われていましたが、「N42」という開発コードの記事にありましたように「ブラック色」と「ホワイト色」の2色展開となるとみられています。

発表まであと3日半!楽しみにしていた方、いよいよその日が迫っています。

[Cult of Mac]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます