米アップル、iPhone5向けサムスン製メモリチップを削減 ―特許戦争が影響か

ロイターは6日(現地時間)、iPhone5に採用されるメモリチップの注文先を、サムスンではなくエルピーダ、東芝、SKハイニックスなどに切り替えていると伝えています。

The Korea Economic Daily(韓国経済新聞)が伝えるところによると、匿名の業界筋の情報として、iPhone5の初期製造分に利用されるメモリチップの注文先からサムスンをカットしたとのことです。ただし、ロイターはサプライヤーリストには残っているが、減少傾向にあるとしています。

この他にもサムスンSDIがバッテリーの受注に失敗するなど、アップルがサムスン依存の体質を変えつつあることが明らかになっています。

中央日報によると、プロセッサの製造もサムスンから切り替える予定だったとのことですが、台湾TSMCが製造のテストを行った結果歩留り率が満足のいくものではなく、従来通りサムスン製を採用したとのことです。

世界各国で繰り広げられるアップルとサムスンの特許戦争ですが、アップルが部品製造をサムスンに依存をしている一方で、サムスンの主要取引先はアップルであるというねじれ現象のようなものが互いに発生していました。

アップルは液晶パネルの注文先もシャープ、ジャパン・ディスプレイ、LGディスプレイに切り替えるなど、本格的にサムスン外しを試みているようです。iPod時代から続く蜜月の関係もいよいよ終焉を迎えてしまうのでしょうか。

[ロイター via Cult of Mac]
[中央日報]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます