ドコモ、CEATEC JAPAN 2012で冬モデル先行展示、ドライブネットの新機能も

NTTドコモは19日、10月2日~6日に千葉県・幕張で開催されるエレクトロニクスショー「CEATEC JAPAN 2012」の展示ブースにおいて、2012年冬モデルの一部機種を先行展示すると発表しました。

どのモデルが先行展示されるか現時点では明らかにされていませんが、現時点で未発表の端末が展示されるものと思われます。

また、ドコモがスマートフォン・タブレット向けに提供するナビゲーションサービス「ドコモ ドライブネット」の新機能が展示されるとのことです。具体的には「音声意図解釈」「動態管理」の2機能が展示されるとしています。

「音声意図解釈」は、音声アシスタンス機能「しゃべってコンシェル」の機能を用いて自然言語を解釈し、行先などを提案してくれる機能。

「動態管理」は、ドライバーの現在位置や運行状況を管理者がパソコンを通じて把握し、指示を出せる機能。営業車に設置して勤務状況を監視したり、タクシーの配車管理を安価に提供できる可能性があります。主に法人向け機能とのことです。

[NTTドコモ公式]

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます