ドコモ、AQUOS PHONE SH-01DにAndroid4.0アップデート実施

NTTドコモは12日、同社が販売するシャープ製Android搭載スマートフォン「AQUOS PHONE SH-01D」にAndroid 4.0を適用するOSバージョンアップを実施しました。更新開始日は本日から。

主なアップデート内容としては、Android 4.0(ICS)のOSバージョンアップが行われ、顔認証による画面ロック解除や『電源+ホームキー』によるスクリーンショット撮影に対応しました。詳細は以下の通り。

  • AndroidTM 4.0に対応
    • 顔認証で画面ロックが解除できる「フェイスアンロック」機能に対応します。
    • 「スクリーンショット」の撮影方法が、[電源キー]+[ホームキー]の同時押しから、[音量ダウンボタン]+[電源ボタン]の長押しに変更になります。
  • 機能の向上
    • お好きなフォントをダウンロードして利用できるフォントマネージャー機能を搭載し、設定アプリから起動できるようになります。
    • タイムラグなしに次々と撮影できる「連撮モード」に対応します。
    • エリアメール(緊急地震速報、津波警報)に加え、エリアメール(災害・避難情報)が受信できるようになります。
  • 操作性の向上
    • ロック解除画面からカメラが直接起動できます。
    • 文字入力方法をスライド操作で簡単に切り替えられるようになります。
    • 「ブラウザ」でよく使用する機能をすぐに呼び出せるクイックツールボックスに対応します。
  • アプリケーションの追加
    • 「iコンシェル」「SDカードバックアップ」アプリなどが追加されます。
  • その他
    • 「ベールビュー」のアニメパターン1~3が削除されます。

所要時間は端末本体によるOTAアップデート、パソコン接続によるアップデート双方ともに約38分としています。

[NTTドコモ]

ソーシャルシェア

著者

管理人

管理人

サイト管理と記事の執筆を担当しています。ガジェットなら何でも食べる雑食。メーカーや技術方式にこだわらず、いろいろな製品をタッチ&トライ!

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます