iFixit、KindleFire HD 7インチを早速分解 エルピーダ製メモリ搭載

“さっそく分解” でお馴染みのiFixitが、発売されたばかりのKindle Fire HDの7インチモデルをさっそく分解しました。

Kindle Fire HDは大きく分けて2モデルがラインナップされ、8.9インチの液晶で1920×1200ドット表示に対応したものと、7インチの液晶で1280×800ドット表示に対応したものが存在しています。今回分解されたものは後者で、アマゾンが今月14日から出荷を開始しました。価格は199ドル。

Credit:iFixit

iFixitの分解で明らかになったのは、メモリ容量(RAM)が1GBであることと、テキサス・インスツルメンツ(TI)のOMAP 4460プロセッサを搭載している点です。なお、1GB RAMはエルピーダ製、液晶ディスプレイはLGディスプレイ製とのこと。

ちなみに、1920×1200ドット表示に対応した8.9インチモデル(16GB)は、11月20日に299ドルで販売予定です。

(ところで日本は…。)

[iFixit via Android Central]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます