iPad miniの背面パーツが登場 シルバー色のアルミ素材を採用

中国のウェブサイトNET EASEは5日(現地時間)、iPad miniのものと言われる背面パーツ画像を新たに公開しました。

公開された画像は全部で4枚。上の画像からはiPhone5と似たようなスピーカー・マイク穴が見て取れます。中央には9pin形式の新型Dockコネクタが採用されているようで、iOSデバイス全体に新型Dockコネクタが採用されていくものと推測されます。

エッジは非常に丸みを帯びた仕上がりになっており、くさび形のような9.7インチの現行iPadとは違った仕上がりになるようです。なお、アップルロゴは鏡面仕上げになっています。

内側から撮影されたものがこちら。本体右上には大きなカメラ用と思われるレンズ穴が開いています。背面パーツには一貫してアルミ合金が採用されているようです。

側面を見ると、見えにくい位置に電源スイッチの穴(本体上部)、ロックスイッチ、音量ボタンがあることが分かります。

実はこのパーツ、Cult of Macにおいて今年の早い時期に掲載されていたものとそっくりです。かなり前からこのパーツが存在していたようなので、プロトタイプとして作られたものなのか、または量産に入る前に計画が延期された可能性もあります。

実際に登場する際には全く別の形をしている可能性もありますので、参考程度としてご覧ください。

[NET EASE via Apple Insider]

ソーシャルシェア

コメントソフトウェア改修作業の為、一時的に古い記事のコメント閲覧・投稿を休止しています。