iPhone5の背面カメラはソニー製であることが判明

9to5Macは21(現地時間)、Chipworksが行った赤外線カメラによる解析において、iPhone 5に搭載されている背面カメラユニットはソニー製であることが明らかになったと伝えています。

赤外線カメラによる解析 Credit:Chipworks

上記がその解析画像ですが「SONY」の文字がしっかりと刻まれていることが分かります。ピクセルのサイズを計測したところ1.4μmであったことしており、iPhone 4Sに採用されている撮像センサー「IMX145」と似ていますが、違うものであると判断しているようです。

また、前面カメラはOmniVisionのセンサーであることが判明したそうです。ちなみに、OmniVisionはiPhone 4Sでソニーに奪われるまで背面カメラのセンサーを製造していたメーカーです。iPad 3では背面・前面の両方を製造していますが、iPhone端末ではソニーに軍配が上がったようです。

[9to5Mac]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます