レビュー:iPhone5のカメラを試す 暗所性能は飛躍的に向上

ついに発売されたiPhone 5ですが、A6プロセッサや筐体デザインの変更、画面の4インチ化など、大幅なアップグレードとは対照的にカメラ周りの変更は小粒なものとなりました。

しかし、暗所における撮影性能向上の情報も伝えられており、目立たないながらも気になるところではあります。そこで、今回はカメラ機能を中心にチェックしていきたいと思います。なお、本体のレビューはもう少し触ってからお届けする予定ですので今しばらくお待ちください。

カメラ周りのスペックはほぼ変わらず

当初、1,200万画素センサーを期待する声もありましたが、蓋を開けてみるとiPhone 4Sと同じく800万画素センサーでした。

最新の解析結果ではソニー製のセンサーが採用されていると判明しており、複合的な情報を加味した上で、概ね前世代と変わらないスペックであると見られています。

今回1,200万画素センサーの搭載が見送られた理由に「安定供給を重視した」という説があります。同じく、ソニー製のセンサーを採用するGalaxy S3も、安定供給が出来ないことを理由に800万画素センサーを採用しています。このことを踏まえると妥当な説ではないでしょうか。

iPhone 5やGalaxy S3の生産規模になると「部品の安定供給」というのが1つのポイントとなり、最新技術を載せたい気持ちと供給力のバランスを見定めなくてはなりません。大幅なカメラ性能の向上は、「Exmor RS」が搭載されるであろうiPhone 5S(!?)に期待しましょう。

さて、肝心のスペックですが、基本的にはiPhone 4Sと同じです。800万画素のセンサーに顔検出機能を搭載。レンズは5枚構成のf/2.4のものを採用。焦点距離は35mm換算で33mmとなり、やや広角のレンズと言えます。風景から人物まで、パッと撮りにはぴったりの画角です。

改良が加えられているとすれば、画像信号をハードウェアで処理する(ISP)の部分とソフトウェアによる処理の部分です。この辺りがどの程度まで効いてくるのかが注目されます。

4Sからは変化少なく、横並び状態に

今回比較対象に用いたスマホは下記の5機種。

  iPhone 5 iPhone 4S Galaxy S3 F-10D iPhone 4
センササイズ 1/3.2 inch 1/3.2 inch 1/3.2 inch  – 1/3.2inch
センサータイプ BSI-CMOS BSI-CMOS BSI-CMOS BSI-CMOS BSI-CMOS
画素数 8M 8M 8M 13.1M 5M
CMOSメーカー ソニー ソニー ソニー ソニー OmniVision
焦点距離
35mm換算
33mm 35mm 28mm 28mm 32mm
F値 f/2.4 f/2.4 f/2.6 f/2.4 f/2.4

この他に「iPhone 3G」と「iPhone 3GS」も少しだけ比較に加えました。また、参考程度に「NEX-7+Sonnar T* E 24mm F1.8 ZA SEL24F18Z」でも撮影を行っています。

iPhone 5 iPhone 4S
Galaxy S3 F-10D
iPhone 4 iPhone 3GS
iPhone 3G NEX-7
F-10D
フォーカス位置を他と変更して
露出オーバーを避けたもの
 –
 –

まずは黄系の花を接写気味で撮影。

NEX-7以外は全てAWB(オートホワイトバランス)。機種間の露出を出来る限り合わせる為に、中央にある花の花弁をタップしてフォーカスさせた後に撮影しています。F-10Dは何度やっても露出オーバーで白とびが発生してしまいました。iPhone 3Gは手前の花に合焦しなかったので諦めています。以上を踏まえてご覧ください。

結果としては、iPhone 5とiPhone 4Sの間に顕著な差は見られませんでした。ノイズについても変わらず。光量が十分の環境で低ISOで撮影する場合は、ほぼ変わりが無いのかもしれません。iPhone 4と比較するとさすがにノイズが著しく減少していますが、前機種iPhone 4Sの時もそれは同じ。

Galaxy S3は色を作りすぎてるようで、諧調が潰れてしまっています。特に花弁では黄色一色(語弊があるが)になってしまっているようで、パッと見は綺麗ですが好き嫌いが分かれると思います。解像感が最も高いのはF-10Dです。これは5機種の中で唯一1,310万画素であることに起因しているものと思われます。

参考程度のiPhone 3Gですが、コメントするまでもなく…。200万画素、AF非対応だったことを考えると、4年という歳月の大きさを感じられるものでした。

iPhone 5 iPhone 4S
Galaxy S3 F-10D
iPhone 4 NEX-7

次に赤ピンクの花でテスト。こちらも中央の花の花弁をタップしてフォーカスした後に撮影しています。

iPhone 5は花弁の諧調が潰れてしまいました。黄色の花を使ったテストでも感じ取れましたが、iPhone 4Sと比較すると僅かながらに緑が強調して表示されるようです。

この中で1枚選ぶとすれば、まず「Galaxy S3」か「F-10D」に絞りたいところ。葉脈などのディテールを保っている点で「Galaxy S3」に軍配があがりそうです。

iPhone 5 iPhone 4S
Galaxy S3 F-10D
iPhone 4 NEX-7

いずれも、かぼちゃの置物の中央をタップしてフォーカスした後に撮影したもの。iPhone 5・4Sともに暖色に寄ってしまう傾向があるようです。ホワイトバランスはGalaxy S3が最も適切。抜けるような発色でとてもきれいです。

4Sの時からホワイトバランスが暖色に寄るという指摘がされていましたが、今回も変わらない所を見ると、特に手を付けてないというか、これが方針なのかもしれません。

細かく見ていくと、Galaxy S3では黄緑の葉とかぼちゃの重なりの部分で偽色が出ているのに対して、iPhone 5では比較的抑えられています。映り自体はとても良いので、暖色に寄ってしまうのさえ解消できれば高評価となりそうです。ただし横並び状態。

iPhone 5 iPhone 4S
Galaxy S3 F-10D

こちらはほんのわずかに薄暗い環境。ホワイトバランスが適切なのはここでもGalaxy S3。iPhone 5は4Sと同様に青みが目立つ結果に。結果的に色乗りが悪く感じてしまいます。ただし、Galaxy S3ではタイルに入る横筋が潰れてしまっています。

周辺部が甘くなるのはどの機種も同じですが、iPhone 5が比較的良好のようです。

バランスが良いのは「F-10D」。ホワイトバランスは「Galaxy S3」。レンズ周辺部の甘さが比較的少ない点とディテールを保っているのは「iPhone 5」といったところでしょうか。

暗所性能を試す

正直なところ、ここまでは予定調和でした。ノキアのPureViewのように、特に注力しない限りは似たり寄ったりなところが多いものです(光量が十分場合)。もちろん細かく見ていくと確かな差はありますが、最終的にInstagramで補正をかけたり、SNSにおける話の種程度に使うのが大半であることを考慮すれば、十分すぎるスペックを有していると考えています。

ただし、顕著に差が出るのが暗所における性能です。これはスマホのカメラに限った話ではありませんが、行き着くところまで行くと暗所→手ぶれ→その他と言った具合に突き詰められていきます。

ソニーの新型CMOSセンサー「Exmor RS」は、RGBにホワイトを加えた「RGBWコーディング」機能を用いて暗所性能を向上させようとしていました。残念ながら現在では同機能が削除されていますが、「差を付けるならば暗所性能」という横並びの時代に突入していることは間違いありません。

そんな中飛び込んできたのがiPhone 5における暗所性能向上のニュース。夜を待って一番楽しみだったテストを行ってみることにしました。

iPhone 5
ISO3200
iPhone 4S
ISO800
Galaxy S3
ISO1600
F-10D
ISO6400 高感度モード
 – NEX-7
ISO3200 1/15秒(iPhone 5基準)
 –

結果はご覧の通り。思わず「おぉ」と言葉が出てしまう程の結果となりました。

iPhone 4SはISO800までだったのに対し、iPhone 5ではISO3200までサポートしています。ホワイトバランスが崩れますが、スマホの中でもノイズが少ない部類といえそうです。ISO3200が実用可能な感度になったことで、暗い場所でも難なく撮影できるようになりました。テスト環境ではシャッタースピードが1/15秒と、比較的速いのも特徴です。

もちろん印刷には向きませんが、SNSなどの用途では十分に使用可能レベルだと思います。夜間は思うように撮れなかったことを考えると大きな進歩です。

高感度モードを有するF-10DはISO6400固定になってしまうのが難点。加えて酷いノイズに見舞われています。形が分かるという点ではSNSでの共有にも耐えうるレベルではあると思いますが、iPhone 5に分があります。

青かびの発生なし

心配される方がいらっしゃると思うのでとりあえず。あの忌まわしき青かびは、4Sに引き続き5でも大丈夫でした。

iPhone 4 iPhone 4S iPhone 5

カメラはiPhone 4Sと同等、暗所性能は大幅向上

昼光などの明るい環境で撮影する分にはiPhone 4Sとほぼ変わらない結果となりました。色作りに差はあるものの、スマホカメラの使い道を考えると現行機種は横並び状態と言えそうです。

一方で暗所性能は大幅に向上し、他機種との差が顕著にみられます。これを目的に端末を買い替えるべきかというと、よほどの事が無い限りその必要性は無いかと思いますが、iPhone 5を購入した結果、暗い場所でも撮影できるようになったというのは “棚からぼたもち” のようなものです。

カメラの起動はiPhone 4Sと比較すると約0.5秒ほど速くなり、約1.3秒に。HDRの処理も同様に約1.5秒ほど速くなり、約1.8~1.9秒になりました。この辺りは着実に進化しています。

今回天候に恵まれず、青空・風景の撮影、パノラマ機能や動画性能を試すことができなかったのが残念ですが、動画撮影時の手ぶれがかなり抑えられているという記事をいくつも見かけており、また別の機会にレポートしたいと思います。

すでに「ブラッシュアップ」のフェーズに突入しつつあるスマホのカメラですが、コンパクトデジタルカメラなどと比較するとまだまだ劣るのも事実です。しかしながら、SNSとの相性は抜群で、気軽に撮影するという「ポラロイド」や「写メール」が作り上げた文化を、現代風にアレンジしながら継承している点はスマホカメラの大きな利点となることでしょう。

個人的には、購入判断を下す際はカメラ機能をメインに据えずに、A6プロセッサーやメモリ容量の増加、ディスプレイ拡大、標準地図のクオリティ低下問題など、メリット・デメリットを複合的に判断して購入を決めて頂きたいと思います。

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます