米アップル、iPhone5を正式発表 日本でも21日発売

米アップルは12日(現地時間)、米サンフランシスコで開催したメディアイベントで、新型スマートフォン「iPhone 5」を正式に発表した。米国での予約開始は14日からで発売日は21日。日本でも同日発売となる。

iPhone5はでは画面が4インチ(1136×640ピクセル/326ppi)に拡大されたほか、次世代高速通信LTEに対応。日本のソフトバンクとKDDIの両キャリアに対応することがイベント中に明らかにされた。日本に関連する周波数は2100MHz(Band1)になる。

4インチの画面で従来のアプリケーションを実行した際にはストレッチ処理などはされず、中央に表示される(センタリング)。

ボディはアルミニウム合金とガラス素材を採用したツートン仕様。ブラック色とホワイト色の2色展開となる。厚さはわずか7.6mm、重さは112gでいずれもiPhone 4Sと比較して薄型軽量化を実現した。

プロセッサには新開発の「A6」プロセッサを搭載。CPUとグラフィックが2倍速いと表現されているものの、詳しいコア数などは不明。なお、メモリ容量についても公表されていない(いつも通り)。

連続待受け時間は最大225時間。インターネット利用時は3Gで最大8時間、LTEでも最大8時間となる。Wi-Fiでは10時間と、いずれもiPhone 4Sから大幅にバッテリー寿命が延びた。

リアカメラは800万画素、FaceTimeカメラは720pによる撮影に対応。カメラの高速起動や、パノラマ撮影にも対応。3つのマイクを使い、音を効率かつ高音質に収録できる。

新型の9pinDockコネクタ「Lightning」を正式に採用。従来の30pinコネクタとの互換アダプタも提供される。

内蔵ストレージは従来とおなじく16GB/32GB/64GBの3種類。iPhone 4Sと同価格で提供され、容量の低い順に199ドル、299ドル、399ドルとしている(2年縛り)。

[Apple]

ソーシャルシェア

コメントソフトウェア改修作業の為、一時的に古い記事のコメント閲覧・投稿を休止しています。