MacRumorsは16日(現地時間)、GeekbenchにiPhone 5の結果が登場したと伝えています。


詳細情報によると、iPhone 5の搭載OSはiOS 6(当然)で、ARMv7命令セット*注を採用した1.02GHz駆動のデュアルコアプロセッサです。

気になるスコアは1601。iPhone 4Sのスコアが629であることを考慮すると『2倍速い』は本当のようです。なお、1.4GHz駆動・クアッドコアを採用する「GALAXY S3」のスコア1560を超える数値となっており、iPhone 5は1.02GHz駆動&デュアルコアながらも非常に好成績となりました。

*注 一部情報ではARMv7s

[MacRumors]