iPhone5のLTEは多くの周波数をサポート 国内キャリアも対応

ウォール・ストリート・ジャーナルは7日(現地時間)、iPhone5がより多くの周波数帯(バンド)をサポートするだろうと伝えています。報告によると、米国・欧州・アジアの世界規模で対応が進むようで、ローミングを含めて様々な可能性が広まるものとみられます。

なお、ガジェット速報独自の情報源からの話として、国内キャリアでもiPhone5のLTEをサポートすると聞いています。国内のキャリアではいくつかのバンドが使われていますが、対応するバンドは単一になるとのこと。

現行iPad発売の際には「Wi-Fi/4G」モデルとしながらも、日本国内では4G(LTE)に対応していないことから「Wi-Fi/Cellular」モデルとして後に名称が改められました。今度こそは正真正銘、4G対応のiPhone5として発売されることになりそうです。

[WSJ via THE VERGE]

ソーシャルシェア

コメントソフトウェア改修作業の為、一時的に古い記事のコメント閲覧・投稿を休止しています。