iOS6の地図問題、KDDIやソフトバンクに苦情相次ぐ

「iOS 6」から採用されたアップルの独自地図が、従来の「Google maps」ベースのものと比較して著しくクオリティが低下していると話題になっていますが、KDDIとソフトバンクの両社に苦情が相次いでいることが明らかになりました。

この情報を掲載しているZAKZAKによると、KDDI広報部の話として「アップルの問題なので、答えようがない」と、対応に苦慮していることを報じています。

Credit:ZAKZAK

昨日から販売された「iPhone 5」ではiOS 6がデフォルトでインストールされているため、混乱がいっそう拡大したものとみられます。

この件に関してアップル日本法人は「マップはクラウドサービスであり、使えば使うほどよいものになる」との回答をしており、改善までにはしばらく時間がかかるものと思われます。

[ZAKZAK]

ソーシャルシェア

コメントソフトウェア改修作業の為、一時的に古い記事のコメント閲覧・投稿を休止しています。