米アップル、iPhone5に1GBのメモリ搭載

MacRumorsは15日(現地時間)、A6プロセッサに記載された番号から、iPhone 5には1GBのメモリ(RAM)が搭載されていることが明らかになったと伝えています。

初めに伝えたのはウェブサイトiFansですが、分解でお馴染みのiFixitも同様に確認しており、MacRumorsもサムスンの製品ガイドの表と照らし合わせて確認をしました。下記の画像が製品ガイドに記載されている表です。

A6には「K3PE7E700F-XGC2」との記載がありますが、同じシリーズのものがLPDDR2規格の8Gbit(1GB)であることが上記表から分かります。

同じ情報を伝えているAnandTechによると、『KP3』は32bitデュアルチャンネルLPDDR2であることを示し、『E7E7』はDRAMダイが2つ搭載されている(512MB×2)ことを示しているとしています。なお、最後の2文字は1066MHz駆動であることを示していると見ているようです。

iPhone 4Sでは512MBだったメモリ容量ですが、サムスンの製品ガイドを見る限りでは2倍の1GBに増量されたようです。iPhone 4Sと比較して「2倍速い」と言われるiPhone 5ですが、プロセッサの改良やメモリ容量の増加で体感速度がどの程度変化するのか注目されます。

[MacRumors]
[AnandTech]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます