7.6mmのiPhone5は本当に薄い!比較画像が登場

iPhoneの修理部品を扱うiResQは5日(現地時間)、iPhone5とiPhone 4Sの厚みを比較した新たな画像を掲載しました。画像を見る限りでは膨らみが無くなってスリムになった印象を受けます。

左が「iPhone5」右が「iPhone 4S」です。iPhone 4Sは周囲の金属縁よりもガラスが数ミリ突出しているのに対して、iPhone5ではほとんど出ていません。薄型化に寄与したといわれる、タッチセンサーを液晶パネルに内包した「イン・セル型」液晶パネルの恩恵を改めて感じさせられる画像です。

比較部分を拡大した画像がこちら。事前の測定では7.6mmという情報が伝えられていますが、iPhone 4Sと比較して1.7mmも薄くなりました。実際に手で持つと薄さを実感できるのではないかと思います。

9月12日に発表されることが明らかになったiPhone5ですが、「実はまったく別のものが発表される」という逆転劇(!?)は実現するのでしょうか。

[iResQ via Apple Insider]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます