13インチ版MacBook Pro Retinaモデルが出荷された模様

台湾のデジタルメディアDigiTimesは10日、アップルの上流サプライチェーンからの情報として、「MacBook Pro Retinaディスプレイモデル 13インチ版」と「新型iMac」の出荷が開始されたと伝えています。今週12日に開催されるメディアイベントでiPhone5と同時に発表されるものとみられます。

Credit:Apple

今年6月には15インチ版がリリースされていますが、パネル製造の難しさが原因で13インチ版は10月上旬の発売になると報じられていました(詳細)。注目される解像度*注ですが、事前情報では2560×1600ピクセルとのこと。厳密な画面サイズは13.3インチと仮定したときのピクセル密度は226PPIになります。

iMacに関しては従来モデルからCPUなどのスペックをアップグレードしたモデルになるとのことです。ハイエンドモデルにはフル・ラミネーション技術が液晶ディスプレイに採用されると言われていましたが、歩留り率が低いことを理由に延期されたと伝えています。

*注 日米の慣習に従った表記。ピクセル密度を示す本来の意味とは異なる。

[DigiTimes]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます