米アップル、新型iPod nano発表 2.5型液晶でハードウェアボタン付き

米アップルは12日(現地時間)、第7世代となる新型「iPod nano」を発表した。容量は16GBのみで価格は12,800円。オンラインストアで9月14日から予約開始する。カラーはPRODUCT REDを含めて8色展開。

従来の正方形型とは異なり、縦長に形状を一新。2.5インチ液晶ディスプレイ(432×240ドット)を搭載し、ハードウェア式ホームボタンを新たに追加した。ディスプレイはマルチタッチに対応し、多様な入力はタッチ操作で行う。その他に、液晶下部にホームボタン、本体側面には「音量+/-」「再生/停止」ボタンを備えて音楽再生に特化したデバイスとなった。

また、新たにBluetooth 4.0に対応。要望が強かったBluetoothへの対応で、各種周辺機器との接続性が飛躍的に向上する。Bluetooth経由でスピーカーやワイヤレスイヤホン、カーステレオなどにも楽曲を転送することが可能。FMチューナーを備えており、FMラジオの受信に対応。Nike+などの周辺機器もサポートするする。

端子には新型Dockコネクタ「Lightning」を採用。変換アダプタを介して旧型の30pin式Dockコネクタも利用可能になる。なお、Lightningは全ての信号をデジタルで送出可能にした。

連続再生時間は音楽で最大30時間、ビデオ再生で最大3.5時間となる。高速充電に対応しており、約1.5時間で約80%の容量まで充電することが可能(完充電は約3時間)。

新開発のイヤホン「EarPods」とLightningケーブルも付属する。

[Apple]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます