ゼンリン住宅地図がiPhone/Android向けに登場 表札検索も可能に

ゼンリンは28日、同社が販売する「ゼンリン住宅地図」をiPhone/Android向けに配信するサービスを開始すると発表しました。サービス開始日は2012年10月1日。月額2,100円で利用することが可能です。

配送業者向けに重宝される「ゼンリン住宅地図 配送パック」と、建設業者向けに重宝される「ゼンリン住宅地図 建設パック」の二種類が提供されます。どちらも料金は変わりません。

ゼンリン住宅地図は、建物の名称はもちろんのこと、個人の住宅を含め一軒一軒の居住者名までも掲載している高精度の地図です。お馴染みの冊子タイプではなく、今回から新たに「スマートフォン向け」に提供されることになりました。

ビル名検索はもちろん、入居するテナント詳細に対応

配送パックに特化された機能としては、GPS機能と連動し、現在地から半径500m以内の会社名や表札情報を自動的に検索し、最も近いものを最大5件リストアップする機能が搭載されているとのことです。ナビで住所を設定して近くまで来たものの、「目的地周辺です。案内を終了します。」といった “無慈悲な放置” を助けるような役割を果たします。

建設パックに特化された機能としては、「資材置き場」「重機車両の停車位置」などを会員同士で共有できるとのことです。工事に携わる業者は多岐に渡るため、業者間の情報交換をこのツールを通じて行う事が可能になります。なお、非会員には電子メールを通じて地図の位置などを送信することが可能とのこと。

個人事業主で配達に従事する方などには非常に重宝されるものとなりそうです。

[ゼンリン via impress Internet Watch]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます