ついに発表!Android4.2の新機能まとめ

新しいAndroid OS「Android 4.2」がついに発表されました。コードネームは「Jelly Bean」が継承されています。新機能一覧は以下の通り。

フォトスフィア機能

リーク時に上下左右のパノラマカメラ機能と言われていたものです。マイクロソフトが提供している「Photosynth」と同等の機能が提供されます。

撮影したパノラマ画像はインターネット上でパブリックに共有することが可能で、下記のウェブサイトで共有され始めています。

ちなみに撮影データはGPSとも連動しており、地図上にプロットされる仕組みです。と、ここまで聞くと何か気づいた方もいるかもしれません。そう、ストリートビューを個人が提供するような仕組みが整っているのです。

下記のウェブサイトのカテゴリは「StreetView」になっており、そのことからもカテゴリ的にはストリートビューに属するものと思われます。

http://maps.google.com/help/maps/streetview/contribute/#all

ジェスチャータイピング機能

いわゆる「Swype」による入力方式に対応します。Swype方式は文字を入力する際にキーボードから指を離さずに連続入力することができる機能。

例えば「はい」と入力する際、QWERTYキーボードでは「h」「a」「i」と、3回指をタップしていましたが、Swypeの場合は「h→a→i」という形で指をなぞっていくだけで入力されます。これらは予測変換機能とも組み合わされていますので、非常に快適に入力できる仕組みです。揺れる電車の中などで文字入力する際には重宝する機能となりそうです。

GALAXY S2に搭載されているSwype入力を紹介した動画が下記のものです。

ロック画面の改善

Android 4.2ではロック画面が改善されています。具体的には「カメラ直接起動」と「ウィジェットの対応」です。カメラ直接起動は、ロック画面に表示されているカメラアイコンをスワイプすることによってカメラを起動するもの。多くのメーカー機種などに搭載されている機能ですが、OS標準でサポートされます。

もう1つの「ウィジェット対応」は、その名の通りロック画面でウィジェットに対応します。既に利用されているウィジェット全てが対応するのか、それともアプリ開発者側で何らかの修正が必要であるのかは明らかにされていません。

通知領域の拡張・クイック設定

この機能はリークされていましたが、画面上から引き出す通知領域が拡張されます。具体的にはWi-FiやBluetoothのオン/オフボタン、マナーモードへの変更、画面回転の固定、機内モードへの変更などを行うボタンが追加されます。

マルチユーザー機能

タブレットを家族・友人間で共有する際にピッタリの機能が登場しました。Gmailアカウントとは別に、タブレット用にローカルなカウントを作成することが可能になります。

アカウントはクイック設定から即座に切り替えが可能で、ウェブの履歴やブック―マークなどを他人に見られたくない場合などに重宝されそうです。また、子供にタブレット端末を安全に利用させるための手段としても活用できます。もちろん、写真・動画・メールなどのデータも個別に保存されます。

この機能はタブレット端末に限定されるとのこと。

Gmailアプリの改善

メール本文中のズーム機能に対応しています。従来、画像を使ったHTML形式メールなどは非常に見難かったものですが、今回のズーム機能対応で見やすさが改善されることになります。また、テキストの自動再生にも新たに対応しました。

デイドリームスクリーンセーバー

充電中やドックアクセサリーに端末を載せた際に表示されるスクリーンセーバーです。主にタブレット向けの機能。フォトアルバムの中からランダムで写真を表示させたり、ニュースやRSSを受信するサービス「Googleカレント」の内容を表示させておくことが可能になります。

デスクサイドにドック&タブレットを置いておくのにぴったりの機能です。

アクセシビリティの改善

トリプルタップ(3回連続タップ)で画面全体を表示させる機能、2本指のパン・ズーム、視覚に障害がある人向けの音声対応ジェスチャーナビゲーションなどが新たに加わっています。

Miracastサポート – ワイヤレスディスプレイ

Wi-Fiネットワーク経由で他の端末に映像を出力する(飛ばす)機能に対応します。Miracastに準拠しており、対応モニタ・機器であれば利用が可能です。

Google Nowの改善と新たなカードの追加

「Google Now」の機能が改善されました。具体的には、予測機能や学習の精度が向上しています。また、Gmailで受信したメールの内容を解析して適切な情報を提供する機能が加わっています。

具体的には、Gmailで飛行機チケット、映画チケット、ホテル・レストランの予約、オンラインショッピング出荷された荷物の追跡番号を受信した場合、その内容を解析して「飛行機の運航状況」や「近くで上映されている映画のタイトル、上映時間、レビュー」「荷物の追跡」といったカードを表示するものです。

また、従来は表示するカードはユーザーが選ぶ必要がありましたが、Android 4.2からは表示すべきカードもGoogle Nowが推測して表示します。

[THE VERGE]
[Android Police]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます