米アップル、第4世代iPadを発表 A6Xを搭載でKDDIも取扱い開始

米アップルは23日(現地時間)、第4世代となるiPad(iPad4)を発表した。新開発されたプロセッサ「A6X」を搭載し、Lightning端子を有する。発表にあたり「前モデルから半年で第4世代の話ができることは驚くべきことだ」とクックCEOがコメントした。

プロセッサの詳細は明らかになっていないが、デュアルコアCPU(A6)×クアッドコアGPUである可能性が高い。CPUのパフォーマンスはA5Xと比較して2倍となる。バッテリー持続時間は10時間。LTE対応周波数を拡大し、背面カメラをアップデートした。

発表では、日本のキャリアソフトバンクモバイル以外にも「KDDI」の名前も掲載され、新たに取り扱われることが発表された。

16GBのWi-Fi版が499ドル。4G版が629ドルとなる。なお、重さは前モデルと変わらない。

[THE VERGE]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます