CNETは1日(現地時間)、iPhone 5のカメラを使用して明るい光源を写した際、紫色のハロが発生する問題は「仕様(正常)」であるとする、アップルサポートの公式回答を掲載しています。この情報はGIZMODEの英語版が伝えたもの。

Credit:WMPoweruser

AnandTechなどの報告によると、明るい光源をフレーム内に収めて紫のハロを発生させてしまった場合、光源をフレームに収めなくても紫のハロが継続するという話がありましたが、これも仕様という判断なのかもしれません。

アップルの回答では「撮影の際には、明るい光源から遠ざけたカメラアングルを推奨する」としており、修理や交換などの対応は行わないようです。

iPhone 4の時には発生していなかった問題だけにやや残念のような気がしてなりませんが、仕様として対応することになったようです。

[GIZMODE英語版 via CNET]