ソフトバンク、Android4.1搭載シャープ「AQUOS PHONE Xx 203SH」を発表

ソフトバンクモバイルは9日、最新のAndroid 4.1(Jelly Bean)を標準搭載するシャープ製スマートフォン「AQUOS PHONE Xx 203SH」を2013年3月上旬に発売すると発表した。通信はAXGP、3G(DC-HSPA)、900MHz帯プラチナバンドに対応する。下りは最大76Mbps。




画面サイズは4.9インチと大型で、1.5GHz駆動のクアッドコアを搭載する(おそらくAPQ8064)。RAMは2GB、内蔵ストレージは32GBと、ハイスペックな構成。背面カメラは1,630万画素。注目すべき点としてはレンズによる手ぶれ補正を実現する「光学補正」とデジタル処理による「デジタル補正」を搭載している点。音声による撮影も可能にし、手ぶれを徹底して排除する仕組みを導入している。

おサイフケータイ(FeliCa)とNFCの両方に対応し、国内主要キャリアなどが今後推進していくNFCによる決済サービスにも対応する予定とのこと。防水・防塵・赤外線・ワンセグなどにも対応。

カラーは4色展開で、サイズ・重さともに現時点では未定としている。

[impress]

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます