ASUS、シャープIGZO採用の「Padfone2」を正式発表 日本でも発売へ

台湾ASUSは16日(現地時間)、同社の合体型スマートフォン端末「Padfone 2」を正式に発表しました。プレスリリースによると「日本を含む」地域で販売されるとのことです。

最大の特徴はスマートフォン端末とタブレット端末を合体して利用できる点。スマートフォンの液晶パネルにはなんと、シャープ製IGZOパネルを採用!二度言いますが、まさかのIGZO採用です。

タブレット側(正式:Padfone Station)は10.1インチ(1280×800)の液晶を採用。スマホと合体した状態でも649gという軽さを実現しています。詳細なスペックは以下の表通り。

搭載OS Android 4.0
JellyBean予定
CPU 1.5GHz駆動クアッドコア
Snapdragon S4 Pro APQ8064
GPU Adreno 320
RAM 2GB
内部ストレージ 16/32/64GB
画面 4.7型IGZO液晶
解像度 1280×720(厳密にはピクセル数)
背面カメラ 約1300万画素 ソニー製
前面カメラ 120万画素
LTE 800/1800/2600MHz
下り最大100Mbps
WCDMA 900/2100MHz
HSPA+
EDGE/GPRS/GSM 850/900/1800/1900MHz
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n
Bluetooth Bluetooth 4.0
NFC 対応
外部端子 ASUS 13pinコネクタ
上記経由でMicroUSB2.0 HDMI出力可
バッテリー 2,140mAh
サイズ 137.9(H)×69(W)×9(T)mm
重さ 135g

タブレット側には5,000mAhの大容量バッテリーを搭載。スマホ側のアンテナを利用して各種通信に対応します。また、ASUSが提供する50GBものクラウドストレージを2年間無料で利用することが可能です。

価格についてですが、タブレット付きの場合は32GBが799ユーロ(8万1900円)、64GBが899ユーロ(9万2200円)。タブレット無しの場合は1万7990台~2万1900台湾ドル(約4万8500~5万9000円)とのこと。

なかなか面白い端末だけに、気になっている方はチェックしてみてはいかがでしょうか。

[AndroidCentral]
[Engadget]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます