台湾AUO、1mmベゼルのモバイル液晶を発表 5インチ・フルHDパネルは量産中

台湾AUOは29日、4.46インチで1280×720表示に対応した1mmベゼルのモバイル向け液晶パネルを発表しました。また、併せて4.97インチで1920×1080(フルHD)表示に対応したAHVAモバイルディスプレイが量産段階にあることを明らかにしています。

今回発表になったのは、表示領域とエッジの幅が1mmの液晶パネル。AUO独自のスーパーナローボーダー技術を採用。大画面化に伴う端末の肥大化を極限まで抑えることが可能になります。

1mm縁の液晶パネル

この他にも様々なモバイル向け液晶パネルやAMOLED(有機EL)パネルの詳細が明らかにされており、4.97インチで1920×1080表示に対応した高精細ディスプレイは既に量産段階にあるとのことです。視野角が広い「AVHAモバイルディスプレイ」技術を採用しており、画質が良いとしています。

有機ELパネルは、4.65インチ・317PPIのディスプレイを開発中とのことです。最後に、IGZOを用いた液晶パネルは10インチで2560×1600ドット表示に対応したものを開発中とのことです。

10インチ2560×1600ドット表示対応IGZO液晶パネル

4.97インチパネル(約5インチ)の液晶パネルがどの端末に使われるのか注目されますが、ファブレット時代到来に合わせてAUOも的確なラインナップでベンダーにアピールしていくものと思われます。

[DigiTimes]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます