米アップル、iOS6でGoogleマップが利用できるアプリを削除

昨日お伝えしたiPhone 5とiOS 6でGoogleマップが利用できるアプリ「Classic Map」が、アップルの判断によってストア上から削除されたことが明らかになりました。

作者の元には米カルフォルニア州サンノゼから直通の電話がかかってきており、明確に削除された理由を述べたとのことです。デリケートな問題だけに、しっかりと説明してトラブルを防ごうとする配慮があるものとみられます。作者は「アップルの対応は非常に丁寧で理不尽な対応ではない」と強調しています。

アップル側からの公式な回答によると、削除理由には2つの明確な理由があるとのこと。1つ目は「Google mapsが戻ってきた」という表現が誤解を与える可能性がある点。2つ目はGoogle mapsをスクレイピング(必要データを抽出する)しているという点。

 

 

まさか直通の電話で対応するとは…正直うらやまs…いえ、びっくりしてしまいますね。世間を賑わせている地図問題だけに、アップルも細心の注意を払って対応にあたっているようです。

[Twitter]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます