KDDI、フルHD液晶採用5インチ「HTC J Butterfly」を発表

KDDIは17日、台湾HTC製Android搭載スマートフォン「HTC J Butterfly」を発表した。この端末最大の特徴は5インチで1920×1080ドット表示(フルHD)に対応する液晶パネルを搭載する点。

CPUは1.5GHz駆動クアッドコア(Snapdragon S4 Pro APQ8064)。ベースバンドモデムにはMDM9615を採用する。最新のAndroid 4.1(Jelly Bean)を搭載する。UIにはHTC独自の「HTC Sense 4+」を採用。

ストレージ容量は16GBとしているが、現時点では検討中で未確定。その他のスペックとしては、2GB RAM、ワンセグ、赤外線通信、おサイフケータイ、NFCを搭載。背面カメラは800万画素、前面カメラは約210万画素となる。防水はIPX5。


LTE通信の対応周波数は800MHzと1.5GHzの両方に対応。CDMAではWHSにも対応する。電池容量は2,020mAh。サイズは143(H)×70.5(W)×9.1(T)mm。重さは140g。これらの数値は暫定値であり、発売時には異なる場合がある。カラー展開はブラック、レッド、ホワイトの3色。

搭載OS Android 4.1 Jelly Bean
画面 5.0インチ Super LCD 3 FHD
解像度 1920×1080
CPU 1.5Ghz駆動クアッドコア
Snapdragon S4 Pro APQ8064
RAM 2GB
内蔵ストレージ 16GB(暫定)
外部ストレージ microSDHC 32GBまで
背面カメラ 約800万画素
前面カメラ 約210万画素
4G LTE 対応
WHS 対応
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n
2.4GHz/5Ghz
Bluetooth Bluetooth 4.0
NFC 対応
おサイフケータイ 対応
赤外線通信 対応
ワンセグ 対応
防水 IPX5
バッテリー容量 2,020mAh
重さ 約140g(暫定)
サイズ 約71(W)×143(H)×9.1(T)mm (暫定)

[impress]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます