台湾HTCは2日、同社が発表したAndroidスマートフォン「HTC One X+」のプレスリリース中において、すでに発売済みの「HTC One X」と「HTC One S」に対してAndroid 4.1(Jelly Bean)アップデートを10月から開始する予定であると明らかにしています。

Android 4.1からは、滑らかな動作を実現する「プロジェクト・バター」の成果が実装されており、従来のAndroid 4.0とは比較にならないほど滑らか動くのが特徴です。それに加えて、HTCの新しい独自UI「Sense 4+」も適用になるとのことで、既存ユーザーにとっては非常に楽しみなアップデートとなりそうです。

[Android Police]