HTC、ハイスペック機「HTC One X+」を正式発表 クアッドコア1.7GHz

台湾HTCは2日、同社のAndroidスマートフォン「HTC One X+」を正式に発表した。英国・欧州圏で10月上旬に発売されるのを皮切りに、11月にアジア圏で発売するとしている。

事前にリークされた本体画像通りで「HTC One X」とほぼ変わらない外観デザインが採用されている。Beats Audioロゴとカメラレンズ周りの赤い装飾が特徴的で、従来通りの丸いエッジを採用したフロントガラスも継続された。

スペックとしては、1.7GHz駆動のクアッドコアTegra 3を搭載。4.7インチ SuperLCD2ディスプレイ(1280×720)を搭載し、コーニング社の「ゴリラガラス2」をフロントガラスに採用した。

主なスペックは以下の通り。

搭載OS Android 4.1 JellyBean
with HTC Sense 4+
CPU 1.7GHz クアッドコア
NVIDIA Tegra 3 AP37
RAM 1GB
ストレージ 英国版は64GB
画面サイズ 4.7インチ SUper LCD 2
ゴリラガラス2採用
解像度 1280×720
背面カメラ 800万画素
前面カメラ 160万画素
オーディオ Beats Audio対応
オーディオ用アンプ内蔵
通信 HSPA+ 42Mbps
LTE対応
地域によって対応周波数が異なる
Wi-Fi 対応
Bluetooth 対応
NFC 搭載
バッテリー容量 2,100mAh
サイズ 134.36(H)×69.9(W)×8.9(T)mm
重さ 135g

[Android Central]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます