まもなく発表「iPad第4世代」はA6プロセッサ搭載か

MacRumorsは5日(現地時間)、とある開発者からの話として、アプリのアクセス解析に「iPad 3,6」という謎のデバイスが登場したという情報を伝えています。

なにより興味深いのは、このデバイスが「A6」プロセッサーで採用されるARMv7s命令セットアーキテクチャを踏襲している点です。このことから、A6プロセッサそのものか、その改良版(例えばGPU強化版)を搭載している可能性があると見られている点です(メモリバスの都合上「A6」そのものが搭載されるとは考えにくく、恐らく改良版が搭載されるのではないかと思われます)。

第3世代iPadはWi-Fi版が「3,1」、GSM版(3G版)が「3,2」、CDMA版が「3,3」という番号が割り振られていましたが、「3,6」は噂されるマイナーチェンジ版に該当するものとみられます。

「iPad mini披露イベント」で同時発表されると推測されている第4世代iPadですが、こちらにも注目が集まります。

[MacRumors]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます