iPhone5の品薄、原因は組立工程か インセル液晶の歩留まりは改善

Sterne AgeeのアナリストShaw Wu氏の報告によると、iPhone 5の供給が需要に追い付かない原因は組立工程にあるとしています。同氏によると「組立は簡単ではない」としており、アップルはミクロン単位での精度を要求しているとのことです。

「ブラック&スレートモデル」に未開封削れなどの報告がなされていますが、厳しいところはとても厳しい基準で作られているようです。なお、iPhone 5に使用されている「イン・セル型液晶パネル」の歩留りが改善しており、順調に生産されているようです。

未だに入手困難な状況のiPhone 5ですが、年末頃には普通に入手できるようになることを願いたいところです。

[Apple Insider]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます