ソフトバンク版iPhone5、来春からLTE繋がりやすく

ソフトバンクモバイルは1日、イー・アクセスとの経営統合を発表する記者会見上において、イー・アクセスが保有する「1.7GHz帯周波数」をLTEで活用することを明らかにしました。時期は来春頃とのこと。

  ソフトバンクモバイル KDDI(au)
2.1GHz
1.7GHz ×

現状のiPhone5では、2.1GHz帯のみでLTE通信していたのに対し、1.7GHz帯の利用が始まると「2周波数帯体制」になります。ソフトバンクが販売するiPhone 5は1.7GHz帯の周波数にも対応しているので、機種の買い替えは必要ありません。

一方、ライバルKDDI(au)は変わらず2.1GHz帯のみの対応となるため、2.1GHzと1.7GHzの両方が使えるソフトバンクは「繋がりやすさ」「速度」が向上するとみられています。

ただし、制度上使えるようになったからといって即座に全国万遍なく繋がり易くならないのが難しいところです。設備投資の規模や、どの地域にどの周波数帯を割り当てていくのかといった、基地局への投資・設計が重要なカギとなります。

iPhone 5をきっかけにイー・アクセスを買収したと明言した孫正義CEOですが、ソフトバンクでiPhone 5を使用するユーザーにとっては嬉しい誤算(!?)になったようです。

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます