Kindle Paperwhiteに出荷遅延 10月上旬の日本展開に影響も?

THE VERGEは3日(現地時間)、アマゾンが先月発表した電子書籍端末「Kindle Paperwhite」に出荷遅延が生じていると報じています。

Amazon.comにおける現在の出荷予定日は「4~6週間」となっており、かなり待たされる状況のようです。人気機種だけに出荷遅延に対して不満の声も少なくなく、量販店のBest Buyでも顧客が不満を漏らしていると報じられています。

先月22日には日経新聞が、10月上旬にも液晶パネル方式の「Kindle Fire」を国内に投入すると報じていました。Kindle Paperwhiteの発売については記事の中で触れられていなかったものの、Kindle Paperwhiteが日本語に完全対応しつつ、日本のKindleストアにアクセス可能であることが伝えられており(詳細)、こちらの商品も日本向けにリリースされるものと思われます。

Eインクを採用した端末はKindleの重要な柱でもあり、この目玉商品に出荷遅延が生じているということは日本国内での展開に遅れる生じる可能性が出てきました。

ライバル端末iPad miniの発売が迫っているだけに、アマゾンは発売ないし発表を急ぐ必要がありそうです。

[THE VERGE]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます