シャープ、米アップル・グーグル・マイクロソフトと業務提携交渉へ ―共同通信

シャープが、米国IT企業大手3社の「アップル」「グーグル」「マイクロソフト」と業務提携する交渉に入ったことが29日に分かったと、共同通信が報じている。タブレット端末などの共同開発を視野に、シャープが開発する新型液晶パネルを提供するという(おそらくIGZOなど)。

これとは別に、インテルとは超小型演算処理装置の開発で交渉を進めており、液晶のシャープは今までにない斬新な方向転換を行うようだ。

なお、アップル・インテル・グーグル・HP・マイクロソフトの5社とは、業績が回復する段階での出資も打診しているとのこと。

一時はホンハイとの業務提携により、完全にアジア圏の企業に取り込まれる様相を呈していたシャープであるが、今回の交渉が上手く行けば米国企業と密な関係を築くことになりそうだ。

[中日新聞]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます