解像度2560×1600、Nexus10本体写真とスペックが流出 Android4.2の詳細も

BriefMobileは26日(現地時間)、グーグルが29日にも発表するとみられるAndroidタブレット「Nexus 10」の本体画像とスペックを公開しました。このタブレットは10インチの画面で解像度(正:ピクセル数)2560×1600を実現した非常に高精細なディスプレイを搭載しており、最新のAndroid 4.2を搭載しています。

事前にリークされた取扱説明書通りの背面デザインです(詳細)。光沢のある仕上げで、上部には無線通信用の黒い素材も見えます。本体は金属などが使用されているのでしょうか。一見するとプラスチックのようにも見えますが…。

本体前面がこちら。GALAXY Nexusからはじまり、Nexus 4も踏襲している丸みを帯びたデザインがNexus 10でも採用されています。10インチタブレットなのでChromeのタブが表示されても広々と使えます。

本体側面から見るとエッジに向かって薄くなっており、薄く感じるかもしれません。

気になるスペックは以下の通り。

搭載OS Android 4.2
CPU 1.7GHzデュアルコア
Exynos 5250(Cortex-A15世代)
GPU Mali-T604
RAM 2GB
内蔵ストレージ 16GB
外部ストレージ 非対応
ディスプレイ 10.1インチ液晶
解像度 2560×1600(298.9PPI)
背面カメラ 500万画素
前面カメラ 搭載
NFC 対応
Wi-Fi 対応
Bluetooth Bluetooth 4.0
その他 ステレオスピーカー搭載

CPUにはCortex-A15世代のサムスン製最新CPU「Exynos 5250」が搭載されるようです。高精細ディスプレイを搭載し、パワフルなCPUとGPUを採用…値段が気になります。

ちなみに、Android 4.2は「Jelly Bean」の名前が継続されるとのこと。スクリーンショットも併せて公開されています。




情報によると、Android 4.2では「ユーザーアカウント」機能が実装されているようです。家族間や他人とタブレットを共有する際にプライバシーを守る事ができる機能で、WindowsやMacなどでも採用されている一般的なユーザーアカウント機能になるものと思われます。

次に「クイック設定」が公式に有効になりました。ユーザーアカウントの切り替え、Wi-Fi・Bluetoothのオン/オフ、フライトモード、明るさ設定、回転固定などを簡単に設定する機能です。

今回のリーク情報で色々なことが分かりましたが、どうやらNexus 10は「本命機種」ともいえるタブレットになるようです。ライバル「iPad」に遅れを取るAndroidタブレットですが、グーグルブランドのNexus 10を投入することでNexus 7のような快進撃を行うつもりなのかもしれません。

[BriefMobile via MoDaCo]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます