米グーグル、2560×1600表示対応「Nexus10」を正式発表 日本でも発売

米グーグルは29日(現地時間)、韓国サムスン製Androidタブレット「Nexus 10」を正式発表しました。2560×1600ドット表示に対応した10インチ液晶を搭載しており、日本でも11月13日より発売が開始されます。価格は16GBモデルが36800円、32GBモデルが44800円。いずれもWi-Fiモデルのみの展開になります。

「Nexus 10」最大の特徴は10インチの画面サイズで2560×1600の表示に対応したこと。サムスン製の1.7GHz駆動デュアルコアCPU「Exysno 5250」を搭載しており、パワフルな動作が可能。Cortex-A15世代で、すでに伝えられているベンチマーク結果でも驚異的なスコアを叩きだしてます。

Android 4.2から加わったユーザー切り替え機能で、家族や友達の間でタブレットを共有することも可能。プライバシーが守られます。

発売は、米国・英国・オーストラリア・フランス・ドイツ・スペイン・カナダ・日本で11月13日。米国では32GBモデルのみがウォルマートでも販売されます。

主なスペックは以下の通り。

搭載OS Android 4.2
CPU 1.7GHz デュアルコア
Exynos 5250
ディスプレイ 10インチ 液晶
解像度 2560×1600(300PPI)
RAM 2GB
ストレージ 16GB/32GB
外部ストレージ 非対応
背面カメラ 500万画素
前面カメラ 190万画素
ワイヤレス充電 非対応
NFC 対応
Wi-Fi 802.11 b/g/n/ (MIMO+HT40)
Bluetooth Bluetooth 4.0
外部端子 microUSB、マイクロHDMI、イヤホンジャック
バッテリー容量 9000mAh
重さ 603g
サイズ 263.9(H)×177.6(W)×8.9(T)mm

[Google]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます